【東京都東久留米市 外構工事】「ルイーダ」の門袖と「カーポートSC」が住宅を引き立てる、スタイリッシュなエクステリア

東久留米市N様邸 「ルイーダ」の門袖と「カーポートSC」が住宅を引き立てる、スタイリッシュなエクステリア

新築外構工事をご紹介します。

モダンな住宅に合わせて、高級感を持ったスタイリッシュなイメージでまとめました。

カーポートはLIXIL「カーポートSC」です。
シンプルかつ洗練されたデザインが特徴で、モダンで統一感のあるブラックの屋根と柱の組み合わせは、住宅の景観にスタイリッシュに調和し、引き立ててくれます。

また、アルミ形材を使用したSCは耐候性と機能性にも優れ、愛車を日焼けや色褪せから守り、カーポート下の空間を快適に保ってくれます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20231030_0950_33_0593w784_h588.jpg

ファサードの足元は広く土間コンクリートで仕上げ、フラットで使いやすいエリアをつくりました。

玄関前を目隠しする大きな門袖と門袖右手のアプローチは、建物の外壁とイメージを合わせた高級感ある大判タイルで仕上げ、エレガントな門まわりを演出しています。
門前には天然ピンコロ石で縁取ったスクエア状の植栽スペースを設けました。
石を縦使いにすることで土間の水勾配と合わせ、天端をフラットに仕上げています。

ファサードから建物横への導線は、メンテナンスフリーの枕木材でスリットフェンスを配置。プライベートなエリアをしっかりとクローズドしました。
ナチュラルな木調柱は風の流れを妨げることなく、奥のエリアへの意図しない侵入や、小さなお子様の道路への飛び出しも防止します。

アプローチと門袖に使用したアイコットリョーワの「ルイーダ」は、スレート石の表情を模した外床用大判タイルです。
車両の乗り入れも可能な18mm厚なので、駐車場にも利用することができます。

スクエア花壇にはシンボルツリーとしてオリーブを植え、周囲はガーデニングスペースとしました。
オリーブの足元が四季の花々で飾られ、ご家族やゲストを出迎えるのが楽しみですね。

庭は防草シートを全体に敷設後、人工芝と白い化粧砂利で仕上げてメンテナンスフリーに。
通年を通して緑を保ち、お手入れも容易な人工芝の庭は、お子様を外で気軽に遊ばせることができるプライベートなスペースです。
忙しい日々の合間、お茶を片手にウッドデッキで一息。ご家族との外でのひとときは、特別な時間です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次