【東京都町田市 外構工事】 室内の延長としての庭~昼も夜も楽しめる、憩いのタイルデッキ

東京都町田市・M様邸 室内の延長としての庭~昼も夜も楽しめる、憩いのタイルデッキ

東京都町田市・M様邸の新築エクステリア工事をご紹介します。

建物は基礎が高く、駐車場との高低差が大きくなっています。
M様はタイルデッキのお庭をご希望で、また、部屋から気軽に出られる、使いやすいタイルデッキづくりにこだわりたいとのことでした。

ナチュラルな白いタイル張りの外壁に合わせ、ファサードのテーマカラーはグレーを中心に、明るいトーンでまとめています。
道路境界は仕切りを設けず開放し、道路から続くフラットなエリアを広く確保しました。
アプローチも駐車場と同様にフラットに仕上げ、共用スペースとしています。スリットを大きく取ってステップ状に型枠を入れ、コンクリートで舗装しました。
スリットには人工芝をプラスして動線を明確にし、鮮やかなグリーンがシンプルな駐車場にアクセントとなっています。

庭となるエリアには明るいグレーの化粧ブロックを積んだ土留を設け、家の掃き出し窓とのレベルを調整しています。
庭の土留と道路境界の間のスペースは駐輪場として利用し、サイクルポートを設置しました。
スタイリッシュなフラットデザインの屋根が、日差しや雨から自転車とバイクを守ります。

段差のない広々としたエリアをつくり、有効面積を広げることで、使い勝手の良いファサードとなりました。

アプローチは5段の階段+ポーチに繋がり、玄関へ向かいます。
品の良いベージュグレーで仕上げたタイル張りの階段には、シンプルなブラックの手すりを取り付け、転落を防止しています。

階段横には門柱を設置し、インターホンと照明を取り付けました。
門柱は白いタイルで仕上げて周囲との明度差をつけることで、ファサードの景色に馴染み、かつ品の良い目を引くアクセントとなっています。

M様が強く希望されたタイル張りのタイルデッキは、ベージュグレーの目隠し樹脂フェンスで囲い、戸外室のような落ち着いた空間を作りました。
フェンスは玄関横を開放して門扉をとりつけ、出入り口を設けました。
大振りな門扉を使った広くスムーズな開口部は使い勝手が良いだけでなく、災害時などもスムーズに屋外へ避難できる安心な動線を作ってくれます。

モダンなグレーのタイルで仕上げたデッキはリビングからフラットに繋がり、気軽に外の空気を満喫することができます。
スリットをほとんど開けずに貼られたフェンスがプライベートを守り、ゆったりと過ごすことができる憩いの空間を創出してくれます。

大きなシェードが強い日差しを適度に遮り、タイルテラスに影を作ってくれます。

タイルデッキの一角には、ステンレスを使ったモダンなデザインの立水栓を設置しました。
全体にステンレスを使ったデザインはどこかレトロな印象も感じさせ、アーティスティックなオブジェのよう。
立水栓にはシャワーを取り付けて温水を引くことで、さらに使い勝手の良い、過ごしやすいデッキ空間になりました。

日が落ちるとファサードの各所に設けられた証明が灯り、幻想的な風景を作り出します。
門柱の照明がアプローチを照らし、サイクルポート下に設けられた花壇に設置したアップライトが屋根に反射して、間接光が柔らかくファサードを照らします。

そして夜のオフタイムには、照明が優雅に灯るタイルテラスで、至福の時をお楽しみいただけます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次