【東京都八王子市 外構工事】 敷地の高低差を化粧ブロックの塀で解消。広い駐車場と憩いの庭があるナチュラルなエクステリア

【東京都八王子市 外構工事】 敷地の高低差を化粧ブロックの塀で解消。広い駐車場と憩いの庭があるナチュラルなエクステリア

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20231228_1120_49_9803w784_h588.jpg

八王子市S様邸の新築外構工事をご紹介します。

木調のフェンスとシンプルな門柱がシックなブラウンの外壁にマッチした、ナチュラルかつスタイリッシュなエクステリアです。

前面道路と家には大きな高低差があるため、階段を造作して玄関へアプローチしています。

リビング側の道路境界にはエスピックの化粧プロック「スクエアC 120」ダークグレーを積み、土留め塀を作りました。
塀の上には「エコモックフェンス」サンディーブラウンを取り付け、お庭全体を目隠ししています。

エコモックフェンスは、耐久性に優れ、コストパフォーマンスにも優れた自由設計が可能なフェンスです。
木粉をブレンドした樹脂材にサンディング加工を施すことで、リアルな木の質感を再現し、ナチュラルな外観を演出します。

機能門柱は、2021年度グッドデザイン賞を受賞したLIXILの「機能門柱FW」です。シンプルなかつコンパクトなフォルムは、住宅や街並みと美しく調和します。
S様邸のFWは、明るい木調のクリエモカ色の柱に、シャイングレーの照明と横型ポスト「P-1型」を組み合わせ、ナチュラルでありながら洗練された印象に仕上げました。

アプローチは白の天然ピンコロ石で縁取り、タカショーのタイル「セラレバンテ」グレーで仕上げました。
タイルについては施主様にご用意いただき、当社で造作した3段の階段まで同じタイルを張って統一感を出しています。
階段にはLIXILの手すり「デザイナーズレール」ブラックを取り付けました。
手すりを取り付けることで万が一の転落を防止し、シンプルなブラックの手すりは、淡いトーンのファサードを引き締めます。

駐車場は土間コンクリートで舗装し、表面を洗い出してナチュラルな印象に仕上げました。
道路間口から建物横部分までをフラットに繋げて舗装し、タイル張りのアプローチとも段差なく繋ぐことで、広く使いやすい駐車スペースを確保しています。

エコモックフェンスが庭をしっかりと囲ってプライバシーを守り、リビング前にプライベートな憩いの空間を作っています。
土留め塀を設けることで庭がフラットになり、また高低差をなくすことで掃き出し窓から庭への出入りもスムーズになりました。
掃き出し窓前にはYKKの濡れ縁を設置し、更に出入りを容易にしています。
独立タイプで移動も簡単な濡れ縁は、気軽に腰掛けられるサイズです。
人工芝の敷設は施主様にお願いし、当社では下地のみ施工しました。
下地は、庭全体を整地したのち排水性を向上させるために砕石を入れて転圧し、最後にクッション砂を入れて均一に敷き均し、仕上げています。

建物周りは除草・整地後に防草シートを敷設し、コストパフォーマンスの高い砕石を入れて仕上げ、メンテナンスを軽減させました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次